運動と筋肉痛について思うこと

運動を始めると、筋肉痛はつきものです。

ストレッチだけでも、しっかり行うと筋肉痛になります。急に運動をして激しい筋肉痛になり、運動をやめてしまうケースも多いようです。

年を取ると、翌日の朝は全く平気なのに、仕事中である夕方頃になってから急に痛み出して、どこか悪くしてしまったのではと思うこともあります。

筋肉痛を直すには、一般的には「治るまで待つ」ということが多いと思いますが、私は「痛いのをこらえて同じ運動をして早く治す」又は「治るまで時間はかかるが痛くなくなるまでじっと待つ」の二者択一だと思っています。

運動経験のある自分としては、治るまで動かずにいたら体が元に戻ってしまうと思い、痛くても動く方を選ぶことが多くなります。痛い時ほど、頑張ってもっと動こうと考えてしまいます。

痛い時に無理して動くのも、治まるまでしばらく痛さと付き合うのも、どちらも辛いもので究極の選択ですね。

できれば運動した後には使った筋肉を十分にストレッチして、少しでも筋肉痛が少なくて済むようにしたいものです。

運動前にこのサイトで紹介されている筋肉サプリを飲めば、多少は筋肉痛が軽くなると思います。

【トレーナーが4ヶ月検証!】メタルマッスルHMBの効果本音口コミ

楽しく運動するならやったことのないスポーツを

食事制限や置き換えダイエットなど色々な方法はありますけど、運動するのが一番のダイエットだと思うこの頃。

学生時代と同じようなテンション、モチベーションで運動することは難しいですけど、無理なく楽しくやるのが良いですよね。

ブランクあるのに無理しちゃってどっか痛める、そんな事が無いように、今までやったことのないスポーツをやるのも一方でしょう。

個人的には、個人競技よりも団体競技の方が良いのかなと。

部活と違って強制されるわけじゃないので、逆に言えば自分で自分のケツを叩かないといけない。

ただ、いつもいつも頑張れるわけじゃない。

そんな時に団体競技だと、チームのためとか、人数少ないから行かないとなとか、自分以外の所に強制力が発生するので、継続しやすくなると思うんですよね。

後はもちろん、安全であまりお金がかからないスポーツが良いけど、選り好みばかりしていてもしょうがないから、とにかく何でもやってみる精神でトライします。

スポーツクラブとかジムに通うよりはサークル見つけた方が楽しいでしょうし、一人で黙々っていうのも苦手なんですよね。

地域の体育館とかから探すのも良いし、今はネットの時代だから、検索させすれば意外と楽しく身体を動かせそうな団体は見つかるものだと思いますよ。

加えて、当サイトおすすめのダイエットサプリを飲めば、最短距離で理想の体型に近づけるでしょう。

なぜ薬局などの市販ダイエットサプリは駄目なのか?

薬局などの市販で買えるダイエットサプリ。通販でしか買えないような商品よりも、安心できると感じている人も多いでしょう。

通販で商品を購入することに抵抗がある人はまだまだ多いでしょうし、クレジットカードの情報などを入力するのにはある程度抵抗があるのも仕方のないこと。

中には良いサプリもありますが、価格や効果を考えるとおすすめできるものは少ないのが実際のところ。

市販のサプリには管理費や人件費などのコストが発生します。その結果どうしても価格が割高になったり、成分を調節したりという可能性があり、残念ながらおすすめできるものが少ないのが現状。

それに対して通販限定のサプリの場合は余計なコストがかかりませんので、その分商品の質を上げる努力にお金を費やすことが出来ます。

薬局などにおいてあるサプリは、それほど質が高くなくても売れてしまうというのも一つのデメリット。

品質を向上させる必要が無いのであれば、広告宣伝に力を入れてさらに知名度を上げるのが当然の施策。

利益を伸ばすことが会社の仕事なので、この取り組みを否定するつもりはありませんが、消費者側はしっかりと商品を選ぶように心がけましょう。

こちらのサイトで紹介している痩せ菌サプリには、初月の料金が非常に安いものも少なくありません。

余計なコストを抑えたからこそこのような価格設定が可能になっているので、参考にしてみて下さい。

【腸内のデブ菌を減らす!】痩せ菌を増やすサプリおすすめランキング